気になる相手との接し方~告白は三回目~

スポンサードリンク

こんにちは。トンパです。

今回はカエルさんに記事を書いていただきました。

 

カエルさんとは。

六児の父であり、みんなの兄貴のような存在です。

僕以外にもたくさんの方からとても慕われていて、とても弄られていますw

 

年上なのに弄りやすいってのはカエルさんの人柄と器ががあるからだと思ってます。

みんなからはビックダディーっと呼ばれています。

 

女の扱いは子供を扱うように得意である、そんなカエルさんの記事になります!

 

僕ももちろん読ませていただいたんですが、なるほどという部分がとても多くありました。

前回の記事「草食系男子だった僕が彼女を作るまでにやった3つの事。」で気になる子が出来たらカエルさんの方法で是非デートしてほしいと思います。

 

トンパ
説明長くなりましたがカエルさん、記事の方お願いします。
カエル
おう、任せとけ!

こんにちは カエルです。

今日は気になる相手との接し方について書いてみたいと思います。

 

多くの男性が意中のあの子を落とすのに色々考えていると思います。

ですが相手のタイプを見極めないで行動に移しても無駄な努力となることもあります。

 

そこで気に入った相手を自分の彼女にするためにする心得えをお伝えして行きますね。

 

相手の話をよく聞く事

男性は相手の話をよく聞いてあげます。

 

女性は起承転結という流れでお話しするのが苦手な子が多く、いきなり本題から入ったと思ったら脱線した話へと変わって行ってしまうパターンがあります。

 

とりあえず相手が話しに一段落つくまで相槌を打ちながらしっかりと聞いてあげましょう。

「うん。」 「わかる。」 「それでそれで」 こんな返事をしながらその話を頭の中で整理して行くのです。

 

一段落したら終わりではありません。

まだ女性は喋りたいのです。

次に 「その後どうなったの?」 「そんな経験過去にしたことあるの?」 などと次の話題に振ってあげるのです。

 

そうやって聞いているうちに相手がどういうタイプの女性か徐々に見えてきます。

決して話の途中に自分の話を長く語ってはいけませんよ。

 

相手は今あなたに話をしたいのです。

あなたの話は正直どうでもいいですから。

 

女性は共感を求めていますから!

 

そしてそんな会話を聞きながら相手の好きなものや誕生日、血液型などの情報を収集していくのです。

 

あなたの目標は目の前の女性を落とすことで、相談相手になりたい訳ではありませんよね。

そうやって得た情報を次のきっかけに使うのです。

トンパ的ポイント

カエルさんのおっしゃる通り会話を聞きながら情報収集はとても大事です!

ただ悲しいことに翌日にはほとんどの事を忘れてしまいます。

 

ですので、トイレにいったタイミングや帰りの電車の中でメモを必ず取りましょう。

些細なことでも全部メモを取っておくといいです。

 

兄弟構成からペットの名前まで。

次回会った時に、〇〇〇ちゃん(ペットの名前)は元気?

などと覚えてる事でポイントアップに繋がります。

次の会う約束をする手順

例えば会話の中で 「猫が好き」 「韓国料理にハマってる」 などのワードが出てきたら次のデートは決まりですね。

 

「僕も一度猫カフェ行ってみたいんだよね!」

「友達と行った韓国料理屋さんがすごく美味しかった。また行きたい」

と行って次のデートを約束するのです。

 

「次デートしませんか!!!」 単刀直入にいうのも男らしいですが、女性が行きたい場所に行くことで次のデートもすんなりと受け入れてくれるのでは無いでしょうかね!

 

ちょっとしたサプライズをしよう。

 

次のデートを約束できたらちょっとしたサプライズを用意しましょう。

と行ってもフラッシュモブや高価な指輪はNGです。

 

相手にとってストレスにならない程度のものを用意するのです。

 

例えば猫カフェに行った後に 「近くに美味しい韓国料理屋さんがあるから予約しといた」 など前回のお話の中から彼女が好きそうなものをしっかりとリサーチして連れて行く。

 

そんなことで良いと思います。

 

相手に 「この人気が利くし、しっかりと話を聞いていてくれた」 と言う印象を与えるのです。

 

また 「もしかして私に気があるのかな」っていうプレスも少しかけておくこと。

良い人で終わらないためにもこういった場面を大事にして行くことです。

 

「好き」というワードを上手く使う

 

気になる相手に少しずつプレスをかけて行きます。

 

「〇〇ちゃんのみんなに気を遣える性格好きだなー」

「猫と遊んでる時の自然な顔好きだな」 など「好き」というワードを少しずつ使ってみてください。

 

相手に自分の好意を徐々に伝えて行くのです。

相手はその行為や仕草を褒められているだけなのでいきなり振られることはありません。

 

徐々に相手の心に自分を印象付けて行くことが大事なのです。

 

トンパ的ポイント
サプライズが物ではなく、好きな料理店のお店予約ってなかなか男前ですね。

 

デートでお店選びだったり、行こうとしたお店が満員だったりしてグダグダすると評価は基本的には下がります。

お店の予約は必須といってもいいぐらいです。

 

「好き」というワードも戦略的に使っていくべきだとなと思いました。

僕も振り返れば使っていたこともありました。

 

告白は3度目のデートで!




前回のデートから次の約束を取れたのなら若干の脈は感じれるはずです。

 

そこで3回目に思い切って告白をしてみましょう。

(もし根性がなくまだ行けないのなら無理強いはしませんが)

 

「友達としてではなく彼女としてこれからもデートしたい」

「今度はもっと俺を知ってもらいたいから彼氏にしてくれないかな」

など自分アピールタイムの突入です。

 

これで脈がなければ次はない訳ですし、相手に少しでも恋愛感情が芽生えていれば 「付き合うのはもう少し先でも」 と返答はもらえます。

 

何が大事かって!相手に自分の気持ちを伝えることです。

 

女性から告白されるチャンスなんて待っていてもほぼ来ません。

 

なぜって?女性は自分が本当に一目惚れした場合は1回目で告られます。

 

マンガやアニメでよくあるパターン。

全然知らない女性から呼び出されて告白されるやつ。

あれです。

 

ですから男性陣は告白することに勇気を持って立ち向かうのです!!

時間をかければかけるほど「友達」としてのキャラ設定になってしまうので要注意ですよ!

 

どうだったでしょうか?

 

気になるあの子を彼女にする接し方について書いてみました。

良かったら実践してみてください♩

 

記事を書いた人 カエル

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です