FUNDITIONとは|Steemitで出来るクラウドファンディング

スポンサードリンク

トンパ
今日はSteemitアカウントがあればだれでも活用できる手数料無料のクラウドファンディングのサービス(FUNDITION)を紹介したいと思います

 

クラウドファンディングとは、「こんなモノやサービスを作りたい」ってアイデアを起案者がインターネットのサービス利用して呼びかけ共感した人から資金を集める方法になります。

 

完全に寄付でリターンが無い場合もありますが特典やリターンがある場合もあります。

これは起案者によりけりですね。

 

起案者はクラウドファンディングサービスを利用して呼びかける事が多いのですが、国内で一番有名なクラウドファンディングサービスでCAMPFIRE(キャンプファイヤー)があります。

CAMPFIREのサービスを利用すると17%の手数料がかかります。

 

クラウドファンディングのサービスを利用するには、手数料を考慮して金額を設定しなければいけません。

しかし、今回紹介するFUNDITIONは手数料が無料かつブロックチェーンでの寄付も可能っと面白いサービス提供しています。

気になる方はぜひ読んでください。

 

Steemitって何って方はこちらの記事を読んでみてください。

Steemitの仕組みと登録方法

FUNDITIONとは

STEEMブロックチェーン上のサードパーティーの一つで、クラウドファンディングを展開しているサービスになります。

FUNDITIONはブロックチェーンの技術を活用したクラウドファンディングで、仮想通貨だけではなくpaypalにてクレジット決済にて寄付も出来ます。

冒頭でお話しましたが、沢山のクラウドファンディングサービスがありますが10%以上の手数料が必要なものがほとんどでした。

その中で、今回のFUNDITIONは手数料が無料です。

利用者数は他のクラウドファンディングサービスと比較するととても少ないですが、今後期待できるサービスだと思います。

公式アカウントについて

公式ホームページ

Steemitのアカウント

Twitter

Discord

寄付の仕方

Exploreからクラウドファンディングを行ってる案件を探す事が出来ます。

現在約600ほどの案件がありました。

カテゴリーなどがあるので、そこから興味のあるカテゴリーを検索するといいと思います。

 

今回はSTEEMアカウントがある方向け寄付の方法になります。

気になる案件があって表示すると画面の右に下記の「Fund」ってボタンが出てきます。

Steemitのアカウントを利用する事で簡単に寄付が出来ました。

まとめ

とても素晴らしいサービスではあるのですが、まだまだ課題は沢山あるのかなとも感じました。

FUNDITIONの利用はSteemitユーザーに限られてしまっているので、手数料が無料といっても他のクラウドファンディングサービスよりも参加できるハードルが高いです。

それにSteemit関連の案件が多いので一般の方は興味をもちづらく参加がしにくいという面はあるのかなと思います。

今後Steemitユーザーが増えて行くことで立案者に資金が集まりやすくなってFUNDITION利用者ももっと増えていけばいいなと思いました。

とてもいいサービスなので、陰ながら応援していきたいと思います。

 

今回記事作成にあたり、FUNDITIONのアンバサダーであるSho-t(しょーてぃー)さんにいろいろ質問させていただき分からない部分は回答いただきました。

ご協力ありがとうございました!

 

また日本人でFUNDITIONのアンバサダーをしている方は二人おります。

Sho-t(しょーてぃー)さん

yasu24さん

です。

Steemitにて情報発信してくれているので、気になる方はチェックしてみてください。

 

お読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です