1万円以下の完全ワイヤレスイヤホンを買うならST-XSで決まり!

スポンサードリンク

トンパ
1万円以下で買えるオススメの完全ワイヤレスイヤホンを紹介したいと思います。完全ワイヤレスイヤホンを検討している方はぜひ読んでみてください

愛用していたイヤホンが壊れたので、新しいイヤホンを探していたところ完全ワイヤレスイヤホンのST-XSにたどり着きました。

1万円以下の完全ワイヤレスイヤホンを買うならST-XSで決まり!

ST-XSがオススメの理由
  • 操作がシンプル
  • 最強コスパ
  • 通勤に最適

操作が難しいワイヤレスイヤホンもある中、ST-XSはとても簡単でした。

ボタンが一つしかなく、それでON,OFFやペアリングが可能になってます。

1万円以下の完全ワイヤレスイヤホンは沢山あるのですが、中華系のイヤホンがほとんどでAmazonだけで売っているものだったりしました。(中華系が悪いわけではない)

家電量販店の店舗でもちゃんと販売している製品の方が僕は安心ですね。

また米国のHIPHOPアーティストが監修しているので音質にもこだわりをもって作っているイヤホンだと思ったのも決め手の一つになりました。

SOULについて

SOUL はグラミー賞を受賞した米国のHIPHOPアーチスト“リュダクリス”監修の下、最初のヘッドフォンを企画し、グローバル市場でそのブランドポジションを確立しました。リュダクリスの監修したサウンドはあくまでも“太く”、重低音の効いたサウンドです。

その後、ミュージック・オーディオ業界のみならずスポーツ業界にもインスパイヤされ、数多くの革新的なテクノロジーを搭載した、ヘッドフォン、イヤフォン、Bluetoothスピーカーを市場に投下しました。

キーワードは、POWER/CLARITY/COMFORT。中高音は繊細でクリアなサウンドを、低音はパンチのあるパワフルなサウンドを長時間聴いていても疲れないオーディオ設計です。

(引用元はこちら

ST-XSを使っての感想

めちゃくちゃいい。

見た目も写真通りでかっこよく、高級感ある光沢感ですし音質も以前使っていたイヤホンと変わりません、音が切れる事もありませんでした。

通話機能も試めしてみたのですが、声はちゃんと聞こえマイクも問題なく使えました。

一度も完全ワイヤレスイヤホンを買った事ない方はまずこれを買って完全ワイヤレスイヤホンの良さを味わってほしいですね。

ST-XS(SOUL)の評価(スペック)について

イヤピース重量:4g(各イヤピース)
Bluetooth バージョン :4.2 (Bluetooth電波到達距離 :約10m)
連続再生時間:約2.5時間
充電ボックスバッテリー : リチウムイオン(500mAh)
充電ボックスサイズ:75x33x32mm
バッテリー持続時間 :最大約10時間 (2.5時間x4回)
スタンバイ時間:約200時間
防汗(IPX4)
同梱品:充電用USBケーブル1本、シリコン製イヤチップ(S/M/L)
カラー型番
Black (型番SL-2001)
Pink (型番SL-2003)
White (型番SL-2004)
Blue(型番SL-2005)

(引用元はこちら

完全ワイヤレスイヤホン選ぶ時に最低限気を付けるべき事

  • 再生時間
  • バッテリーについて
  • 防汗性能
  • 通話機能

この辺りは最低限確認しとくべきかなと思います。

ST-XSは、2.5時間連続再生が可能で通勤時間に電池が切れる事はまずないでしょう。

防汗はジムなどで運動する程度の汗なら問題なく使用できます。(お風呂はNG)

ただ、激しいトレーニングやランニングには向いてないとは思いました。

防汗について
IPX0:水の浸入に対する保護なし
IPX1:垂直に落ちる水滴に対し影響を及ぼさない
IPX2:正常な位置から15°以内の傾斜で落ちる水滴に対し影響を及ぼさない
IPX3:鉛直から60°以内の降水に対し影響を及ぼさない
IPX4:いかなる方向からの水の飛沫に対し影響を及ぼさない
IPX5:いかなる方向からのノズルによる噴流水に対し影響を及ぼさない
IPX6:いかなる方向からの水の強い、ジェット噴流に対し影響を及ぼさない
IPX7:連続的に水中の中に入れても影響を及ぼさない
IPX8:潜水状態の使用において影響を及ぼさない

ST-XS(SOUL)の使い方について

ヘッドセットモードのやり方(方耳だけで聞く)も上記方法でできます。

また充電BOXの残量確認は、USBケーブルをさした時のLED点滅回数で残量がわかります。

1回点滅25%

2回点滅50%

3回点滅75%

4回点滅100%

ST-XSのペアリングが出来ない方に向けてのペアリング方法

  1. 左右のイヤホンを長押しで電源をOFF
  2. 左右のイヤホンを長押しで電源をON
  3. イヤホンからParing Successfulっと音声が流れたら完了

※一回で出来ない場合はもう一度試してみてください。

ST-XS(SOUL)のまとめ

完全ワイヤレスイヤホンを使うまで、不安はありました。

いろんな書き込みをみると音が悪い、音が途切れる、人が多いところでは使えない、耳から落ちるなどなど。

しかし、ST-XSに関してはまったくそんな事はなくとても使いやすい完全ワイヤレスイヤホンでした。

 

ただ一つだけ大きなデメリットがあります。

一度完全ワイヤレスイヤホンを使ってしまうと以前のコードレスイヤホンには戻れないです。

ぜひこの感覚は未体験の方には味わってもらいたいですね。

またお風呂で聞きたいとかもっと音質にこだわりたいとかだと、このイヤホンではなく2~3万するイヤホンの方が適していると思います。

完全ワイヤレスイヤホンを初めて使う方や通勤の時きければいいという人にはもってこい製品だと思います。

お読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です