Steemitで稼いだ仮想通貨(STEEM,SBD)を日本円に換金する方法

スポンサードリンク

こんばんは。トンパです。

今日はSteemitで稼いだSBDやSTEEMを日本円に換金する方法をまとめました。

Steemitに登録しているけど、取引所はまだって方は、いざという時に日本円に換金出来るように登録をしておくといいと思います。

日本円に簡単に換金する方法として

二つ取引所の登録が必要になってきます。

お勧めはBINANCEとBITPointになります。

オススメの理由
STEEMを換金するのに海外の取引所が必要になってきます。

手数料が安く人気の取引所です。

オススメの理由

日本円に換金するには国内取引所が必要になってきます。

・手数料が無料

・セキュリティーがとても高い取引所

・開設が一週間以内に出来る(3日で出来ました)

・開設と入金で3000円分のBTCがもらえるキャンペーン実施中

二つの取引所の登録が終わったらいよいよ換金の手順に入ります。

SBDをSTEEMにする

まずはSteemit内での操作が必要になってきます。

SteemitのHP

取引所をクリックすると下記画面に移行します。

やりたい事はSBD→STEEMに変える事です。

STEEMを買う

価格:売り注文の値段を入れる

(売り注文の価格の個所をクリックすると勝手に値段入ります)

数量:買いたい枚数

そうすると自動で、SBDが何枚必要か出てきます。

OKなら「STEEMを買う」を押してください。

もし買い板と売り板に乖離がある場合は、買い板の値段を設定して待てば売れると思います。

僕はすぐに交換したいので、売り板を基本的には入れています。

STEEMをBINANCEに送金

BAINANCEに送金をする手順になります。

Balancesから選んでSTEEMを検索します。

Depositをクリックすると送金先のアドレスが表示されます。

処理を進めていくと下記画面にかわるので、下記赤丸の二か所をコピペしてください。

メモにはBINANCEの「STEEM Deposit MEMO」を入力。

次へを押すと送金出来ます。

※枚数によりますが、1分も掛からずに送金出来ます。

STEEMを売ってBTCを手に入れる




STEEMを売ってBTCにする必要があります。

理由として、日本円(JPY)に換金する場合は日本の取引所を経由しないと日本円に出来ません。

この後、日本の取引所に送金するので、対応している通貨に変える必要があります。

(STEEMはまだ日本の取引所に上場していません。)

BINANCEは取引量が多いので、比較的乖離が少ないです。

なので、買い板の値段に合わせて売買して即売ってしまっていいかと思います。

(少しでも高く売りたい場合は、売り板の最小に合わせて売るといいと思います。)

上記と同じ手順で、BTC→ETHに変えておくといいです。

理由はETHの方が送金が速く手数料が比較的に安いからです。

BITPointにETHを送金し日本円に換金

BITPointで解説していきます。

BITPointにログインし、下記手順で該当のアドレスをコピーします。

ETHで送るとBTCより早く到着しますので、EHTがいいと思います。

アドレスをコピーをしたらまたBINANCEの画面に戻ります。

Funds→Withdrawalsをクリック。

先ほどコピーしたアドレスを、ETH Withdrawal Addressに貼り付けます。

後、出金したい枚数を入力。

内容を確認し、Submitをクリック。

Transaction Fee 0.01ってのは手数料になります。

※送金すると勝手にひかれます。

その後、BINANCEの登録メールアドレスに確認の下記のようなメールが届きます。

再度アドレス等を確認し問題なければ、「Confirm Withdraw」をクリック

1時間以内にだいたい到着します。

後は、日本の取引所にて換金をするだけで1~3日で日本円に変える事が出来ます。

最後に

Steemitで稼いだ仮想通貨を日本円にするには3日~5日かかるので、もし換金したい場合余裕をもって処理を行う必要があるかと思います。

BITPointだけではなく、日本の取引所ならどこでも大丈夫ですがもしまだBITPointに登録してないようでしたら、簡単に登録できますので、ぜひ登録してみてください。

今後、日本の取引所にSTEEMが上場したら海外の取引所を使わなくてすむのでもっと楽になります。

しかし上場予定はありません、しばらくはこの手順で換金する必要があります。

お読みいただきありがとうございました。

Twitterもやってますので、是非フォローお願いします。

Steemitブログもフォローしてもらえたら嬉しいです。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です